The importance of host tree age, size and growth rate as determinants of epiphytic lichen diversity in boreal spruce forest.
最新バージョン Norwegian University of Life Sciences (NMBU) によって公開 2019/12/13 Norwegian University of Life Sciences (NMBU)

The amount of large and old trees has decreased in the boreal forests during the last centuries of forestry. Such trees are important habitats for epiphytic lichens and there is a growing concern for lichen species that are associated with large and old trees. However, only little is known about the relative importance of tree size versus age as determinants of lichen diversity. Here we have determined the size, age and growth rate of 157 Norway spruce trees and recorded the occurrence of epiphytic lichen species on their branches and lower stems. The study includes crustose lichens and was done in two old-growth forests in SE Norway. Tree age and tree size were the parameters that explained the largest part of epiphytic lichen diversity. Only the growth rate of the most recent time period, i.e. 1984-2004, showed a statistically significant relationship to diversity. There was no indication of a stabilising species number with increasing tree age. Slow-growing and old trees were, however, mainly of importance to the lichen species growing on stems, and this set of species were in general adversely affected by a large amount of branches. The opposite was the case for the species that were confined to branches as their diversity increased when the amount of branches increased. Our study adds empirical data to support the importance of large and old trees as bearers of biodiversity in boreal forests. Site preservation and patch retention of groups of old and large trees is recommended as measures to maintain epiphytic lichen diversity.

GBIF DwC A EML RTF バージョン 権利
データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、3,947 レコードが含まれています。

拡張データ テーブルは1 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

  • Occurrence (コア)
    3947
  • ResourceRelationship 
    3790

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 3,947 レコード English で (339 kB) - 更新頻度: not planned
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (6 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 kB)
バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Norwegian University of Life Sciences (NMBU)。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 39a80c99-56c2-482c-beef-fa960a8eec4dが割り当てられています。   GBIF Norway によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているNorwegian University of Life Sciences (NMBU) が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; boreal forest epiphytic lichens crustose lichens species richness tree age tree size epiphytic lichens crustose foliose alectorioid squamulose; Observation

連絡先

リソースを作成した人:

Marit Lie
Norwegian University of Life Sciences
Høgskoleveien 12
1430 Ås
NO
67231666

リソースに関する質問に答えることができる人:

Marit Lie
Norwegian University of Life Sciences
Høgskoleveien 12
1430 Ås
NO
67231666

メタデータを記載した人:

Marit Lie
Norwegian University of Life Sciences
Høgskoleveien 12
1430 Ås
NO
67231666

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ利用者
Christian Svindseth
書誌情報の引用
  1. Lie, MH; Arup, U; Grytnes, JA and Ohlson, M. 2009. The importance of host tree age, size and growth rate as determinants of epiphytic lichen diversity in boreal spruce forests. Biodiversity and Conservation, 18: 3579-3596.
追加のメタデータ
代替識別子 39a80c99-56c2-482c-beef-fa960a8eec4d
https://ipt.gbif.no/resource?r=nmbu_epiphytic