Nordic plant uses from Gunnerus and Høeg
最新バージョン University of Oslo によって公開 2020/09/24 University of Oslo

The dataset has been created as part of the research activities for the Nordic People and Plants project. The project aims to rediscover Nordic plant traditions. This dataset represents plant use data collected from two key Norwegian historical sources of plant knowledge: Flora Norvegica (J.E. Gunnerus, 1766-1776): A major Enlightenment natural history work in Norway. Published in Trondheim in 1766, this was the first explicitly Norwegian flora. It gives an insight in the Norwegian daily life in that period through descriptions of plant uses. Planter og Tradisjon: Floraen i levende tale og tradisjon i Norge 1925-1973 (O.A. Høeg, 1974): Norway's most important ethnobotanical compilation. Høeg corresponded with informants all over Norway to document what was left of oral traditions related to plants. Most of the data is presented as he received from the informants.

GBIF DwC A EML RTF バージョン 権利
データ レコード

この チェックリスト リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、3,426 レコードが含まれています。

拡張データ テーブルは4 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

  • Taxon (コア)
    3426
  • VernacularName 
    7307
  • Distribution 
    4260
  • Reference 
    3432
  • MeasurementOrFact 
    2709

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 3,426 レコード English で (537 kB) - 更新頻度: not planned
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (9 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 kB)
バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は University of Oslo。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: e1fd4493-a11a-438d-a27f-ca3ca5152f6bが割り当てられています。   GBIF Norway によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているUniversity of Oslo が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Checklist; Inventorythematic; Checklist

外部データ

リソース データは他の形式で入手可能です。

Zenodo dump https://doi.org/10.5281/zenodo.4047952 ASCII Microsoft Excel
連絡先

リソースを作成した人:

Anneleen Kool

リソースに関する質問に答えることができる人:

Anneleen Kool

メタデータを記載した人:

Magali Courtade

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ利用者
Rukaya Johaadien
プロジェクトデータ

The dataset has been created as part of the research activities for the Nordic People and Plants project. The project aims to rediscover Nordic plant traditions. Plants have influenced how humans eat, dress and build their homes. In this project, we will search through different written sources such as plant names, archaeobotanical reports, iconographical sources, textual descriptions, cookbooks, black books, floras and fairy tales. Our sources span from Viking age sagas to modern day cookbooks. We want to study human-plant interactions and trace the cultural evolution of plant use from before the Viking age to today. The published plant use data has been collected from two Norwegian books belonging to different time periods: - Flora Norvegica (J.E. Gunnerus, 1766-1776) - Planter og Tradisjon: Floraen i levende tale og tradisjon i Norge 1925-1973 (O.A. Høeg, 1974)

タイトル Norwegian Plant uses from Flora Norvegica and Planter og tradisjon
ファンデイング SAMKUL – Samfunnsutviklingens kulturelle forutsetninger, Forskningsrådet
Study Area Description Geographic: Norway Temporal: A.D. 1766-1776 (Gunnerus) and A.D. 1925-1974 (Høeg) Taxonomic: Plant species in Norway
研究の意図、目的、背景など(デザイン) A good amount ethnobotanical knowledge is documented through history in books of various kinds that have the potential to contribute to studies on the transmission of plant knowledge. This dataset represents data collected from two key Norwegian historical sources of plant knowledge: Flora Norvegica (J.E. Gunnerus, 1766-1776): A major Enlightenment natural history work in Norway. Published in Trondheim in 1766, this was the first explicitly Norwegian flora. It gives an insight in the Norwegian daily life in that period through descriptions of plant uses. Planter og Tradisjon: Floraen i levende tale og tradisjon i Norge 1925-1973 (O.A. Høeg, 1974): Norway's most important ethnobotanical compilation. Høeg corresponded with informants all over Norway to document what was left of oral traditions related to plants. Most of the data is presented as he received from the informants. To organise the plant use data systematically, the use reports have been categorized into 10 main use categories with sub-categories under each. The geographical location and vernacular names mentioned with the use reports have also been documented.

プロジェクトに携わる要員:

Anneleen Kool
追加のメタデータ
代替識別子 e1fd4493-a11a-438d-a27f-ca3ca5152f6b
https://ipt.gbif.no/resource?r=nhm-plant-uses