Bryophyte herbarium TRH, NTNU University Museum

最新バージョン Norwegian University of Science and Technology によって公開 Jun 16, 2021 Norwegian University of Science and Technology

The TRH bryophyte herbarium contains specimes of Bryophyta, Marchantiophyta and Anthocerotophyta from most parts of the world, but is best represented for the Northern Hemisphere and especially northern parts of Europe. Almost the whole collection has been digitized.

The oldest specimens in the collection is by Hans Strøm from 1745. Collections from the late 1800s and early 1900s comprise the foundation of this collection, primarily through the work of Ingebrigt Severin Hagen who worked at the NTNU University Museum from 1907 until his death in 1917. There was also a peak in activity from 1970-1980 mainly due to the joint efforts of A.A. Frisvoll and K.I. Flatberg. After 1998 the activity has again increased meaning that we have a relatively high proportion of recently collected specimens.

Taxonomically Bryophyta constitute about 75% and Marchantiophyta 25% of the collection, with Anthoceratophyta with less than 1%. These numbers roughly represent the species diversity of the main taxonomic groups at northern latitudes. Sphagnum is particularly well represented with more than 25 000 specimens. Much of this is of rather recent date and a result of the taxonomic research by Kjell Ivar Flatberg. Schistidium and Racomitrium are other well represented genera due to the taxonomic work of Hans H. Blom and A.A. Frisvoll. The collection includes more than 1000 type specimens of bryophytes.

The top ten countries/areas are: Norway, Svalbard with Jan Mayen, Sweden, United States of America, Canada, Germany, Greenland, France, Iceland and the Russian Federation. Svalbard is very well represented with close to 20 000 occurrences, the main contributor to this material is Arne A. Frisvoll that visited Svalbard and Jan Mayen several times during the 1970’s

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、183,273 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 212,046 レコード English で (15 MB) - 更新頻度: daily
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 KB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Norwegian University of Science and Technology。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 6728c42d-c4b6-4fda-a211-5ad1bb59cda4が割り当てられています。   GBIF Norway によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているNorwegian University of Science and Technology が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; Specimen; Occurrence; musit-norway

連絡先

リソースを作成した人:

Kristian Hassel
Professor
NTNU University Museum 7041 Trondheim NO 92809839

リソースに関する質問に答えることができる人:

Kristian Hassel
Professor
NTNU University Museum Trondheim NO

メタデータを記載した人:

Kristian Hassel
Professor
NTNU University Museum Trondheim NO

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ利用者
GBIF Norway

地理的範囲

The top ten countries/areas are: Norway, Svalbard with Jan Mayen, Sweden, United States of America, Canada, Germany, Greenland, France, Iceland and the Russian Federation. Svalbard is very well represented with close to 20 000 occurrences, the main contributor to this material is Arne A. Frisvoll that visited Svalbard and Jan Mayen several times during the 1970’s

座標(緯度経度) 南 西 [-90, -180], 北 東 [90, 180]

時間的範囲

生成(収集)期間 The oldest specimens are from 1745, but the bryophyte herbarium have most of its specimens from late 1800 and up today.

追加のメタデータ

代替識別子 6728c42d-c4b6-4fda-a211-5ad1bb59cda4
https://ipt.gbif.no/resource?r=trh_b