オカレンス(観察データと標本)

NHMO Mammal collection

最新バージョン University of Oslo によって公開 2023/01/30 University of Oslo
公開日:
2023/01/30
Published by:
University of Oslo
ライセンス:
CC-BY 4.0

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 40,100 レコード English で (6 MB) - 更新頻度: weekly
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 KB)

説明

The NHMO Mammal collection at the Natural History Museum in Oslo, Norway comprises around 680 species, of which about 100 have been collected in Norway. Although the collections holds several thousand objects from the last half of the 19th and first decades of the 20th century, most objects are from the 1970s and around the turn of the millennium. Objects in the collection are preserved as mounted specimens, hides, skeletons or in ethanol (mainly rodents). During the later decades, a new sub-collection has been built up, consisting of mammalian tissue and extracted DNA samples. This is also part of the NHMO DNA Bank. The samples have partly been taken from existing objects in the Mammal collection, partly from newly arrived mammals, e.g. road kills and other salvage. The collection contains considerable sub-collections of polar bear skulls, mainly from the Norwegian parts of the species’ distribution range, Scandinavian wolves, and European otters and rodents from Norway. The collection is databased in Corema, a software that has been developed in close cooperation between the NHMO and the developer, Compositae AS (https://www.coremadb.com/). An accession generally refers to a given individual at a specific place and time; for each accession, one or more items may exist. Examples of item types include preserved skins, mounted specimens, osteological specimens, horns or antlers, blood, tissue and extracted DNA.

Objects in the collection are generally available for scientific use, subject to an individual evaluation of the intended use. Samples in the NHMO DNA Bank are also available for loans to the general scientific community, on the conditions set out in the Grant policy (see DNA Bank web page http://www.nhm.uio.no/english/research/infrastructure/dna-bank/). However, juridical or other limitations may apply to samples, which will have to be clarified before such samples can be loaned.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、40,100 レコードが含まれています。

拡張データ テーブルは7 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

Occurrence (コア)
40100
MaterialSample 
40100
Preservation 
39850
Preparation 
25653
ResourceRelationship 
3700
Multimedia 
1090
Amplification 
638
Permit 
199

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Johannessen L E, Wiig Ø (2023): NHMO Mammal collection. v31.358. University of Oslo. Dataset/Occurrence. https://ipt.gbif.no/resource?r=o_mammals&v=31.358

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は University of Oslo。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 609217ee-054d-441d-a850-356cbc2fb385が割り当てられています。   GBIF Norway によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているUniversity of Oslo が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; Specimen; Occurrence

連絡先

Øystein Wiig
  • 最初のデータ採集者
Professor emeritus
Natural History Museum, University of Oslo
NO
Rukaya Johaadien
  • データ利用者
Lars Erik Johannessen
  • メタデータ提供者
  • 最初のデータ採集者
  • 連絡先
Collection manager
Natural History Museum, University of Oslo
Natural History Museum, P.O. Box 1172 Blindern
NO-0318 Oslo
NO

地理的範囲

Global

座標(緯度経度) 南 西 [-90, -180], 北 東 [90, 180]

生物分類学的範囲

Mammals

Class Mammalia

時間的範囲

生成(収集)期間 1800-current

追加のメタデータ

代替識別子 609217ee-054d-441d-a850-356cbc2fb385
https://ipt.gbif.no/resource?r=o_mammals