オカレンス(観察データと標本)

MATRIX project, Mabira in Uganda

最新バージョン University of Bergen によって公開 2019/12/04 University of Bergen
Data on vascular plants was collected in 2009-2011 in Mabira Forest, Uganda as part of the MATRIX project in order to look at forest recovery from disturbance.... 以上
公開日:
2019/12/04
ホスト::
University of Bergen
ライセンス:
CC-BY 4.0

説明

Data on vascular plants was collected in 2009-2011 in Mabira Forest, Uganda as part of the MATRIX project in order to look at forest recovery from disturbance.

Mabira Central Forest Reserve (hereon Mabira Forest) is close to Lake Victoria in Central Uganda. Mabira Forest is a semi-deciduous forest, considered secondary growth and highly influenced by human activities. About 95 per cent of the forest is of the Celtis-Chrysophyllummedium altitude semi-deciduous forest type; within this there are different sub-climax communities which have developed since the forest underwent phases of felling and heavy encroachment. Three ages of stand were surveyed to examine how quickly plants were recovering from disturbance.

Transects of 10 m × 30 m were established in randomly-selected compartments in each of the three types. In order to cover a range of microhabitats, transects were arranged in ‘triplets’ of increasing distance upslope from forest streams, at 5 m, 65 m, and 125 m. For all other angiosperm sampling, transects were situated in the same locations (subject to 10 m GPS-derived relocation error) as the 5m and 125 m transects for the ferns. In total, 63 transects were sampled for ferns and 35 for angiosperms.

In transects where angiosperms were sampled, trees of DBH (diameter at breast height) >10 cm were counted across the whole transect. Ground layer vegetation up to 2 m height was sampled by dividing the 10 × 30 m transect into 5 × 5 m plots and sampling six of those subplots, moving along the transect on alternate sides.

All the species in these subplots were recorded, (including all woody plants large enough to identify and with stems < 10 cm DBH), and their percent cover estimated. Ferns were recorded by abundance of individuals, which was estimated in classes (<5, 6-15, 16-30, 31-50, 50-100, >100). Individuals which could not be identified were taken to Makerere University Herbarium for identification.

We are grateful to the Ugandan National Forest Authority (NFA) for permitting access to work in Mabira.

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、2,385 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 2,385 レコード English で (99 kB) - 更新頻度: not planned
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (5 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (7 kB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は University of Bergen。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 37dddcd2-ed51-4ada-86df-37449162f404が割り当てられています。   GBIF Norway によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているUniversity of Bergen が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Occurrence; Observation

連絡先

リソースを作成した人:

Amy Eycott
University of Bergen

リソースに関する質問に答えることができる人:

Amy Eycott
University of Bergen

メタデータを記載した人:

Arild Breistøl
University of Bergen

他に、リソースに関連付けられていた人:

Makerere University Herbarium
Makerere University Herbarium
Kampala
UG

地理的範囲

Uganda

座標(緯度経度) 南 西 [-1.7, 29.02], 北 東 [4.68, 35.14]

追加のメタデータ

代替識別子 37dddcd2-ed51-4ada-86df-37449162f404
https://ipt.gbif.no/resource?r=mabira