Sampling event

Long-lasting effects of logging on beetles in hollow oaks

最新バージョン Norwegian University of Life Sciences (NMBU) によって公開 2019/12/13 Norwegian University of Life Sciences (NMBU)
公開日:
2019/12/13
ライセンス:
CC-BY 4.0

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 96 レコード English で (63 KB) - 更新頻度: not planned
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 KB)

説明

Habitat loss is currently one of the largest threats to biodiversity worldwide, but an increasing number of studies show that accounting for past habitat loss is essential to understanding current distributional patterns. Hollow oaks (Quercus spp.) are important habitats for species that depend on deadwood. We used a gradient spanning 40 km from the coast to inland areas reflecting historical logging intensity through 500 years in Southern Norway, to investigate if the historical variation in oak density is influencing the structure of beetle communities in hollow oaks today. We trapped beetles in 32 hollow oaks along this gradient. The current dataset contains data from 2014, but not 2013 which also was included in the study (and is available through Norway's Species Map Service, http://artskart.artsdatabanken.no). We selected hollow oaks Quercus robur and Q. petraea along a coast-inland gradient in two regions, Agder and Larvik, in southern Norway. Agder is situated in the south, with hollow oaks from the coast to 40 km inland, while Larvik is located in the southeast with hollow oaks from the coast to 25 km inland. We sampled 16 hollow oaks in each region. Our study included trees in forest (n = 17) and semi-natural habitats (n = 15). The latter represents oaks in forest edges along fields or close to settlements. Each oak was sampled for insects using two flight interception traps (window size 20 × 40 cm) for each oak, one in front of the cavity opening and one in the canopy. The insect traps were active from mid-May to mid-August in 2014, and emptied once a month. All beetle species caught were determined to species.

データ レコード

この sampling event リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、96 レコードが含まれています。

拡張データ テーブルは1 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

Event (コア)
96
Occurrence 
1460

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Norwegian University of Life Sciences (NMBU)。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 9cc6fab1-4652-47ec-b89b-db2950629372が割り当てられています。   GBIF Norway によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているNorwegian University of Life Sciences (NMBU) が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Samplingevent; Quercus; veteran tree; extinction debt; spatial scales; Coleoptera; saproxylic; historical logging; temporal scale

連絡先

Hanne Eik Pilskog
  • メタデータ提供者
  • 論文著者
  • 最初のデータ採集者
  • 連絡先
NMBU
Ås
NO
Tone Birkemoe
  • 論文著者
  • 最初のデータ採集者
NMBU
1432 Ås
Erik Framstad
  • 論文著者
NINA
NO
Anne Sverdrup-Thygeson
  • 論文著者
NMBU
Ås
NO
Marianne Evju
  • 論文著者
NINA
NO

地理的範囲

Southern Norway

座標(緯度経度) 南 西 [57.751, 4.131], 北 東 [60.457, 11.426]

生物分類学的範囲

説明がありません

Order Coleoptera

書誌情報の引用

  1. Pilskog, H.E. 2016 Effects of climate, historical logging and spatial scales on beetles in hollow oaks. PhD-thesis. Norwegian University of Life Sciences, NMBU, Ås, Norway. p. 212

追加のメタデータ

代替識別子 9cc6fab1-4652-47ec-b89b-db2950629372
https://ipt.gbif.no/resource?r=hollow-oaks