Sampling event

Nansen Legacy JC1 mesozooplankton biodiversity

最新バージョン The Nansen Legacy Project によって公開 2023/03/01 The Nansen Legacy Project
公開日:
2023/03/01
ライセンス:
CC-BY 4.0

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 81 レコード English で (415 KB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (11 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (10 KB)

説明

The dataset contains mesozooplankton abundance (ind/m3). It has been sampled at 5 distinct depths using MultiNet Midi both 64 micron and 180 micron nets. All specimens are identified to the lowest taxonomical level and the abundance is given for a specific species and stage or size group.Use either data from MultiNet 64 um or from MultiNet 180 um depending on whether the focus is small or large mesozooplankton

データ レコード

この sampling event リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、81 レコードが含まれています。

拡張データ テーブルは2 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

Event (コア)
81
ExtendedMeasurementOrFact 
6515
Occurrence 
3965

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は The Nansen Legacy Project。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY 4.0) License.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 784367b4-ff7a-49bf-af68-041daaa19ba2が割り当てられています。   GBIF Norway によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているThe Nansen Legacy Project が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

zooplankton; mesozooplankton; copepods; abundance; ind/m3; Northern Barents Sea

連絡先

Anette Wold
  • メタデータ提供者
  • 最初のデータ採集者
  • データ利用者
  • 連絡先
Senioringeniør
Norwegian Polar Institute
9007 Tromso
NO
Janne Elisabeth Søreide
  • 最初のデータ採集者
Professor
The University Centre in Svalbard
9171 Longyearbyen
NO
Camilla Svensen
  • 最初のデータ採集者
Professor
UiT The Arctic University of Norway
9037 Tromso
NO
Elisabeth Halvorsen
  • 最初のデータ採集者
Overingeniør
UiT The Arctic University of Norway
9037 Tromso
Haakon Hop
  • 最初のデータ採集者
Professor
Norwegian Polar Institute
9007 Tromso
NO
Slawomir Kwasniewski
  • 最初のデータ採集者
Institute of Oceanology Polish Academy of Sciences
Sopot
PL
Mateusz Ormańczyk
  • 最初のデータ採集者
Institute of Oceanology Polish Academy of Sciences
Sopot
PL

地理的範囲

Northern Barent Sea

座標(緯度経度) 南 西 [76, 29], 北 東 [82, 35]

時間的範囲

開始日 / 終了日 2018-08-06 / 2022-10-23

収集方法

The dataset contains mesozooplankton abundance (ind/m3). It has been sampled at 5 distinct depths using a Multinet Midi (HydroBios, opening: 0.25m2, net length: 250 cm). Small mesozooplankton were collected with a mesh-size 64 µm and large mesozooplankton were collected with a mesh-size 180 µm. All samples were preserved in 4 % formaldehyde free from acid. PLEASE NOTE: THIS DATASET CONTAINS TWO COMPLETE DATASETS OF ZOOPLANKTON: ONE FOR SMALL MESOZOOPLANKTON (APPROX BODY SIZE BELOW 2 MM) COLLECTED WITH MULTINET 64 µM AND ONE FOR LARGE MESOZOOPLANKTON (APPROX BODY SIZE ABOVE 2 MM) COLLECTED WITH MULTINET 180 µM MESH SIZE. THE INFO ABOUT WHICH NET IS USED CAN BE FOUND IN gearType in extendedMeasurment andFacts USE EITHER 64 UM OR 180 UM DEPENDING ON WHETHER THE FOCUS IS SMALL OR LARGE MESOZOOPLANKTON

Study Extent The sampling covers a transect from the central Barents Sea (76N) to the Arctic Ocean (82N) east of Svalbard, including 7 stations (P1 to P7). Each sampling event includes 5 distinct depth layers Shallow stations: Bottom-200m, 200-100m, 100-50m, 50-20m & 20-0m Deep stations: Bottom-600m, 600-200m, 200-50m, 50-20m & 20-0m
Quality Control The analysis of organism has been done according to standard procedures used in multiple other studies. The results have been reviewed by several of the researchers listed under resource creators.

Method step description:

  1. All samples have been analysed at Institute of Oceanology of the Polish Academy of Sciences (IOPAN). The organisms were identified and counted under a stereomicroscope equipped with an ocular micrometer, according to standard procedures (Harris et al. 2000). Small-sized zooplankters (most of Copepoda, juvenile stages of Pteropoda, Euphausiacea, Ostracoda, Amphipoda and Chaetognatha) were identified and counted in sub-samples obtained from the fixed sample volume by automatic pipette (approximately 500 individuals). Large zooplankters (big Copepoda, Pteropoda, Euphausiacea, Ostracoda, Amphipoda, Decapoda, Appendicularia, Chaetognatha and Pisces larvae) were sorted out and identified from the whole sample. Representatives of Calanus spp. were identified at species level based on morphology and prosome lengths of individual copepodid stages (Kwasniewski et al. 2003).

追加のメタデータ